FC2ブログ

蒼樹のTRPG&いちいちRO日記EX

中の人(蒼樹)のTRPGといちいちROの日記。 ・・・たまにいちいち以外のROや日々の雑記も書くかも。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ TRPG日記63・前編TOPTRPG ≫ TRPG日記63・前編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

TRPG日記63・前編

 いつものメガテンキャンペーン。前回のクライマックスとそのつぎの話のさわりをやりました。

プレイゲーム   /真・女神転生200X
使用キャラクター/GM
プレイ時間    /6時間半
評価       /○

○登場キャラクター
PC
空井 るる(フェンサー=デビルアームズ=フェンサー)
 家族の仇である『マスターテリオン』を倒すために戦ってきた少女。しかし全ては仕組まれたことだった。生き別れていた弟と決着をつけることになる。

アルトリア(ダナーンの騎士=剣士=人間型悪魔)
 アーサー王の転生体の少女。魔人であったアリスと心の交流をし、彼女の魂を解放した。転生してきた彼女と世の人々を護るために戦う。しかし、自分の信念のためかアリスに優しい言葉をかけてやることができない。

ゆえのわたり たくま(密教僧=修験者=超能力者)
 通称『和尚』の生臭坊主。自分が愛する女性以外の世の人々に対しても優しさを持つ。ついに今回愛する女性を取り戻す。

神薙 綾人(女)(候補者=剣士=フェンサー)
 武門の家柄に生まれた女性。強さとその強さの意味を求め戦い続けている。最近では、人の意地を悪魔に思い知らせようとしている。また、彼女の家は代々『死点』というものを視る能力を持つ。但し、これは脳の多大な負荷をかけ、それが限界に達したとき・・・

秋乃 大牙(番長=鬼喰い=強化人間)
 少し悪ぶった感じの少年。昔は、強くなることしか考えていなかった。しかし、今ではすっかり『ゆりこ(=リリス)』のとりこ。まだ自分を待ち受ける運命に気付いていない。

根岸 すず(遊び人=格闘家=人間型悪魔)
 名家に生まれるが堅苦しさから家出し、格闘家になる。そして、神秘的な雰囲気に憧れて、『ルイ・サイファー(=ルシファー)』にぞっこんラブな娘だった。しかし、些細なことから悪魔事件と関わるようになり、やがて黙示録との戦いに関わっていくこととなる。
 ついには、大破壊の折『メギドの火』を防ごうとし、失敗し一度は死亡する。しかし、『ルシファー』の手によって悪魔として復活する。・・・実に波乱万丈な人生(?)を送っている娘であるw
 大天使を2柱滅ぼし、『ナイア』にも『ルイ様』の偉大さをしらしめるなど、きっと評価は上がっているにちがいないw

平 小次郎(サクセサー=フェンサー=ペルソナ使い)
 平 将門の養子。養父の意思を継ぎ、東京を護るため、カテドラルの戦いに馳せ参じる。

NPC
ヤヨイ(クラス不明)
 『ゆえのわたりたくま』の愛する女性にして、生命の源の複製体。とても優しい女性だが、その存在ゆえ、様々な者達に利用され、現在は魂と肉体が分離状態にある。

アリス(完全造魔=幻視者=?)
 魔人『アリス』の転生体にして、『ヤヨイ』の発展系の人造生命。さまざまな特殊能力を秘めているが、その能力を使う程、命が縮んでいく・・・。

増長 天(人間型悪魔)
 平 小次郎と伴に『東京カテドラル』へと向かう。しかし・・・

ゆりこ(=リリス)(クラス不明)
 『秋乃 大牙』に愛をささやき誘惑する女性。それが彼女の本心なのかどうか未だ不明。

クリス・トールマン(メシア教徒=フェンサー=人間型悪魔)
 PC達と何度となく戦った因縁の相手。実は『空井 るる』の生き別れの弟。全てを憎み、世界を破壊しようとしている。

ナイア(人間型悪魔)
 『デモンベイン』より特別出演。正体は『ナイアルラトホテップ』な謎の美女。無限螺旋による『ダァト』の地上世界への現出は失敗したが、地上の者達の死。そして、PC達の死を以って、『ダァト』への扉を開こうとしている。

 まずは、『ナイア』との決戦です。『ナイア』は『ヤヨイ』の魂を取り出し、PC達に脅しをかけます。それに『たくま』が膝を屈しようとしたとき、『アリス』が力を使いました。

 一瞬だけ、『アルトリア』の時間を加速し、『ヤヨイ』の魂を取り戻したのです。

 これで、PC達の憂いはなくなり、戦闘開始です。

 1ラウンド目は、小手調べ。2ラウンド目には、『小次郎』も合流し、本格的な戦闘となります。『ナイア』は『ナイアルラトホテップ』ですので、次々と姿を変え、攻撃方法も変え、襲い掛かります。しかし、『小次郎』が携えてきた秘策の前に有効な手が打てません。

 時間がかかったものの撃破・・・できたかに見えました。しかし、そこにもう1体の『ナイアルラトホテップ』が現れます。

「私はあらゆる次元に存在している。無限の私の前にいつまで持つかな?」

 これに対し、再び『アリス』が動きます。新たな『ナイアルラトホテップ』のこの次元への侵入を禁じたのです。しかし、その代償はあまりにも大きく『アリス』の生命の炎は消えようとしていました。

 しかし、PC達は自らの命を分け与えることで『アリス』の生命をつなぎました。(・・・ところで10レベルの不動の絆を持ってるはずの『アルトリア』さん。貴女が代償を払ってないのはおかしくないですか?w)

 そして、再び『ナイアルラトホテップ』を倒し、戦いに勝利することができました。そう、戦いには・・・



 戦いを終え、妖精郷に戻ったPC達が見たものは、廃墟と洪水に呑まれた人々の遺骸でした。

 絶望にとらわれかけたPC達に『すず』が言います。

 「まだ手はあります。『ケテル城』に行きましょう。」

 それは、戦いの前に『ルイ』様より伝えるように言われた言葉でした。



 PC達は、魔界へと向かいます。そして、まずは『ケセド仏殿』に預かって貰っていた『ヤヨイ』の体に魂を戻しました。『たくま』は『ヤヨイ』との完全な再会は、実に『大破壊』ぶりとなります。感無量という感じでした。(PLは、恥ずかしそうでしたけどねw)

 その後、『ヤヨイ』が『ケテル城』に一緒に行くと言ったり、『アリス』が自分の処遇を相談したら、「自分の意思で決めなさい」と言われたり(最悪のパターンにしちゃいますよ?w)、『大牙』が『ゆりこ』に悲しい運命を示唆されたり、『綾人』さんがお父さんの遺志を継いだりといろいろ有りましたが、次回は『ケテル城』を目指すことになりそうです。

 一応予定通りに進んだので、評価的には○としますが・・・、戦闘バランスは『秘策(笑)』のおかげで甘くなってしまったな、と思います。あの手には次回から制限かけますので、よろしくw

 さて、キャンペーンもお話的には残り2話(ただセッション自体はもしかしたら3回ぐらいかかるやもしれませんが・・・)、みなさん悔いを残さぬよう、頑張ってください。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。