FC2ブログ

蒼樹のTRPG&いちいちRO日記EX

中の人(蒼樹)のTRPGといちいちROの日記。 ・・・たまにいちいち以外のROや日々の雑記も書くかも。
2012年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年12月
ARCHIVE ≫ 2012年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

SW2.0『ライフォス魔剣には、決してマッケンジー』

遊んだゲーム:SW2.0
使用キャラクター:ラグゥ(リルドラケンのグラップラー1/マギテック2/レンジャー1/エンハンサー1)

 TRPGSNSで行われている『一期一会亭』企画に2回目の参加をしました。

 今回も前回に引き続き、ラグゥ君で参加です。

 今回の依頼は、遺跡でみつけた魔剣を落としたら、迷宮を作ってしまったんだけど、自分では回収できないので、回収してきて欲しい、というものでした。

 早速迷宮に向かうと、ルーンフォークには見えない扉が有りました。どうもプリーストになれない種族には見えない扉のようです。遺跡調査隊の人々は、タビットとルーンフォークだったらしく、そりゃ見えませんよねw

 この扉には、『ライフォス』の紋章が書かれており、プリースト技能を持たないものが開けないとモンスターが現れる仕掛けだったらしいのですが、偶然にも私とプリーストの人が開けてしまったため、セーフ。

 次の部屋に階段が有り、下に降りるとまた同じような部屋が有り、扉の前に印が2つ有り、そこに立って2人で開けなければモンスターが出るしかけだったんですが、また素直に2人で開けたので、セーフ。

 さらに進むと、魔剣に手を伸ばそうとしている傷ついた少年がいました。とりあえず有無を言わさず治療します(笑)、すると、魔剣の試練だったらしく、PC達に魔剣を託して消えていきました。PC達が少しでも疑ったら、戦闘になっていたらしいのですが、またもセーフ。

 このまま戦闘無しで終わるか戦闘するか聞かれたところ、PLからの要望も有って、魔剣を狙う蛮族が現れました。とはいえ、『レッサー・オーガ』1体では、如何ともしがたく、ボコって終了でした。

 短い時間でもダンジョン物の雰囲気が出ていて楽しかったですね。でも、もうちょっと戦闘が厳しくても良いかなぁ、と思いました。

 グラップラーを2に上げて命中とダメージの底上げをはかりました。3レベルって遠い・・・w

※いろいろ有って、終わってから結構時間が経ってしまいましたが放っておくのもあれなので、上げました。

12/15:影の翼①『初任務』

遊んだゲーム:SW2.0
使用キャラクター:GM

 大学時代のサークルのみんなとキャンペーンを始めることにしました。

 今回は、少し毛色の違う話をしてみようと思って、特殊部隊ものをしてみようと思いました。

○PC紹介
ナイトメアのデーモンルーラー1/プリースト2(ザイア)
ライカンスロープのグラップラー2/マギテック1
シャドウのグラップラー2/スカウト1/エンハンサー1
人間のファイター1/プリースト2(ヒューレ)
ルーンフォークのコンジャラー2/セージ1/レンジャー1
人間のソーサラー2/コンジャラー1

 まずは、入隊後訓練と称して500点の経験値と能力値成長1回をさせます。

 『経験値残しておけば!?』とか、『将来の知力成長を見越して指輪を買っておいた俺、勝ち組!』など、最初から悲喜交々でしたw

 さて、最初の任務ですが、『仮の表の身分として冒険者になること』です。

 ラクシアでの冒険者は、国外への移動も比較的簡単にでき、見慣れない者でも怪しまれにくい、と特殊部隊としてかなり便利な身分だと思うのですよね。

 そんな訳でルキスラ内の『黄金の獅子亭』に向かいます。冒険者の店に所属するためには、簡単な仕事を1つこなして見せねばなりません。そんな訳で受けた仕事は『村の近くに現れた蛮族を退治する(追い払う)』ことです。

 依頼を受けたPC達は、問題の村に向かいます。ときどき畑を荒らしに来るらしいのですが、どうも山の洞窟に住んでいるらしいので、山に探索に入ります。

 しかしながら一日目の探索は空振り、洞窟に住み着いていた『グレイリンクス』を倒すにとどまります。

 夜に来るらしいので、待ち伏せすることにしました。そしてほどなくやってくるゴブリン×2、コボルド×4。PC側は、交代のため、6人中3人しか見張りについていませんでしたが、危なげなく撃破していき、乱戦を抜けて後衛にコボルトが一匹肉薄するも、残りのPCが到着しては、勝ち目がある訳もなく、降伏しました。

 捕まえたコボルトを尋問し、ねぐらになっている洞窟の位置を把握し、そちらへ向かいます。

 洞窟に到着すると、コボルドが2匹見張りについていました。気づかれずに無力化しようとしますが、コボルドが6ゾロを振ってしまい、あえなく失敗。なし崩しに戦闘になります。

1R目/コボルド2体は無力化するものの既に警告は発せられ、すぐ後ろの部屋にいたゴブリン×4が現れ、襲いかかってきます。

2R目/4体のうち2体のゴブリンを無力化するものの、追加でボガード×2&ゴブリンシスターがやってきます。

3R目/戦局が膠着したままさらにボガードソーズマンが現れます。回避力に優れるグラップラー2人と防護点に優れるデーモンルーラーは、あまりダメージを受けませんが、両方中途半端な神官戦士さんは、だんだんとダメージが積み重なり、追い込まれていきます。後衛のルーンフォークさんが『アースヒール』をかけるものの1ゾロが重なったのもあって、そろそろMPが尽き気味です。

4R目/最後に怯えていたコボルドシューター×2がゴブリンシスターにけしかけられ登場します。これにより、防御点は高いものの回避はからっきしのデーモンルーラーさんが一気に追い込まれます。

5R目/このままではやばいって所で、グラップラーさんの攻撃が4回転! 半分以上HPの残っていたボガードソーズマンが一気に倒されます。しかしながら、ゴブリンシスターの反撃の『フォース』4倍掛けもあって、神官戦士さんも気絶させられてしまいます。コボルドシューターの攻撃でデーモンルーラーさんも倒されかけますが、出目の悪さもあって何とか持ちこたえます。

6R目/デーモンルーラーさんがプリーストさんを『アウェイクン』し、反撃でボガードやゴブリンを撃破していきます。MPのきれたゴブリンシスターが魔晶石を使って『フォース』を撃とうとするものもまさかの1ゾロで失敗。コボルドシューターは、弾丸の装填中。

 この次のRでは、乱戦内の敵が減ったことでフリーになったグラップラーさんが後ろに抜けていって、コボルドシューターを撃破し、ゲームセット。長い戦いですが、何とかPC達の勝利に終わりました。

 その後は、村長に掃討の報告をし、ルキスラに戻って冒険者の店へ報告。見事にエンブレムをゲット。任務達成です。

 しかし、ねぐらを探索した結果入手した文書によると、どうやら既にルキスラにレッサーオーガが潜入しているようです。次回へ続く・・・。

 だいたい想定の時間内に終わりました。1話目しては、つかみはOKって感じですね。次への伏線もはれましたしね。まあ、その伏線を次回で回収するかは、未定なんですけどねw

SW2.0『大いなる魔の力』

遊んだゲーム:SW2.0
使用キャラクター:ヴァニラ・レスメール(プリースト3/ファイター1/アルケミスト1)

さて、キャンペーンの2回目な訳ですが、今回はPL参加です。

 何だかよくしゃべるタビットさんの『ヌイちゃん』の依頼を受け、魔力反応を目指して探索に赴くことになりました。

 たどり着いた森の中には、不思議な水晶があったり、レブナントが出てきたり・・・。探索を進めた結果、地下への入口を発見しました。

 地下にも不思議な水晶がいっぱいありましたが、よく分かりません。わからないながらもくまなく探索した結果、どうにか怪しいポイントを特定して、ドリル(!)で掘り進めて、下の階への階段を発見しました。

 下に行くと、ツルハシ型の魔剣を持った男がいて、人間の男女と仲間のタビット(!)が倒れていました。魔剣に操られてるっぽい男が襲ってきます。

 ライトニングとか痛かったり、前衛陣が『ブラントウェポン』を受けて、苦戦したりしましたが、仲間のタビットさんの奮起もあり、何とか魔剣を破壊しました。

 実は依頼人は、タビットさんによって動かされていたぬいぐるみで、この魔剣の支配から何とか逃れようとした策だったらしいです。




 うーん、分かってたことですけど、『魔力撃』強いなぁ。まあ、今回は回避が低い敵が多かったので活躍できましたが、命中値低いので、基本的には雑魚専門ですよね。

 さて、次回もPLできるらしいので、楽しみです。

真・女神転生200X『マンチキンの宴』3夜目

 うわ、いつの間にか2週間経ってる・・・。いろいろ忙しかったとは言え、なんだかなぁ・・・。気を取り直していってみます。





遊んだゲーム:真・女神転生TRPG魔都東京200X
使用キャラクター:鹿島来夏(サンダーボルト(魔法:カルト)=巫女(情報:医療))22レベル

 オンセでやってるキャンペーンの3回目。

 今回は、シンジュク地下の支配者『ネビュロス』が地上への侵攻を企てているので、止めて欲しいという依頼を『ナイ神父』から受けました。

 調査を進めた結果、『ネビュロス』は『アリス』を救うための代償として、契約によって地上を侵攻することになったことが分かりました。
 『アリス』と出会い、彼女のらのアジトへ向かい、『ネビュロス』と対決することになりました。

 途中で立ち塞がる大量の『ゾンビアーミー』を撃破し、奥に向かいました。

 激しい激闘の末、何とか『龍の眼光』を使われる前に撃破に成功しました。

 しかし、本人が望んだこととはいえ、今回のこと、子供からその庇護者を奪ってしまったことは、自分の責任で為したこと、と心に刻むため報酬は辞退することにしました。

 さて、今回のシナリオが終わって25レベル。そろそろ想定していた性能が発揮できそうですw

11/30:SW2.0『変異動物退治(仮)』

遊んだゲーム:SW2.0
使用キャラクター:ラグゥ(リルドラケンのグラップラー1/マギテック1/レンジャー1/エンハンサー1)

 TRPGSNSの方で『一期一会亭』という企画があります。趣旨は、単発セッション等で使用したキャラやお蔵入りしたキャラをリサイクルして、楽しんじゃおうというものです。
 突発だと、単発が多くなるので、こんな風な成長の楽しみが味わえる企画は、良いですね。

 そんな訳で今回は、昔考えた初期で最強?な前衛キャラを引っさげて参戦しました。

 個人的に低レベル帯で最強だと思ってる武器尻尾を魔力擊&追加攻撃で毎ターン2回叩き込むキャラですが・・・、どうなることやら。

 さて、お話ですが、近くの森に変異種の『グレイリンクス』が出現するってことで、その捕獲を依頼されました。
 ちょっとロールプレイとかしつつお互いのキャラを確認して依頼人の元へ。そして、そこでセージがいないことが発覚したので、GMが救済策に動物図鑑を用意してくれました。

 そして、問題の森にやってきます。早速足跡を見つけて追いかけますが・・・、私は見失ってしまいます。他の本職のレンジャーさんが発見してくれたので、事なきを得ました。

 追いついてみると、変異した『グレイリンクス』と『ウルフ』が『キプロクス』を倒してました(!)

 戦闘自体は、距離を取って戦闘開始し、コンジャラーさんがスパークを撃ち、待機して近づいてきたところにもう一度スパークを撃ち、その後生き残った奴らを前衛陣が各個撃破して終了いたしました。

 あんまり実力を発揮できたとは、思えないのですが、『予想以上のレベル詐欺』(笑)との評価をいただけました。まぁ、1レベルグラップラーの命中の基準値が最大で8まで伸びたらおかしいですよね・・・。

 グラップラーも上げたかったのですが、先にマギテックを上げて回復できるようになりました。次回はどんなかな?

※次の日の昼もセッション予定が有ったのですが、急用でドタキャンになってしまったのが、大変申し訳ないです。
 

11/28&29:SW2.0『冒険者といえば遺跡ですよね?』

遊んだゲーム:SW2.0
使用キャラクター:GM

 TRPGSNS内で募集していたSW2.0のセッションに応募したら、何だか紆余曲折有ってGMすることになってしまいましたよ(爆)

 まあ、引き受けた以上は、頑張ろうということで、この2日をかけてセッションを行いました。

 今回のシナリオは、PLのプレイ傾向も分からないので、オーソドックスにダンジョン物をやることにしました。そのうえでキャンペーンを意識して、伏線となるアイテムを出せるように、遺跡物にしました。

 2回目は、持ち回りでGMをやっていただけるってことになっているので、私の持ちキャラもNPCの依頼人として登場させることにします。

 という訳でPTメンバーは、

  シャドウのスカウト/フェンサー/セージ/エンハンサー
  リルドラケンのファイター/レンジャー/エンハンサー
  タビットのコンジャラー/セージ
  ルーンフォークのマギテック/シューター/スカウト
  ナイトメアのプリースト/セージ/アルケミスト(私の持ちキャラ)

 以上の5人でした。

 私のキャラがもってきた遺跡の調査依頼を受けて5人で遺跡に向かいました。
 途中で襲ってきた狼の群れも難なく撃退して、途中で私が一部のキャラにナイトメアだとばれたりしながら、遺跡に到着します。(ここまで前半)

 さて、遺跡探索が始まり、『オーク』や『チェストトラップイミテーター』を撃退したり、罠にひっかかったりしながら、進みます。

 そして待ち受けるは、『ストーンサーヴァント』。5レベルのモンスターで2レベルのPC達には、歯ごたえのある相手です。
 プリーストの回復の出目とマギテック/シューターさんの2ラウンド連続の1ゾロのおかげで、かなり追い込まれつつも何とか勝利することができました。

 その後、奥の扉を開けるためには、他のダンジョンにある鍵が必要と分かったので、今回は帰還となりました。

 街へ帰った後、私のキャラもパーティにめでたく合流させていただきまして、今回は終了。

 久しぶりのGMで緊張しましたが、無事終われてよかったです。

※今回の反省点
①前半ちょっと自分のPCの演出が過剰だったような気もし、ちょっとやり過ぎたかな?
②本当は、もうちょっとダンジョン長かったのですが、時間の都合もあり、短くしました。でも、それでも予定の時間をオーバー。やっぱり3回に分けるべきだったのか? でも、次のプレイ可能日は、結構先になりそうだったんですよね・・・。ままならないものです。

11/24:NW2『グランドオープニング』

遊んだゲーム:ナイトウィザード2nd
使用キャラクター:地井 渡(地・風のヒーラー0/異能者1)

 私が参加してる『NW2』のオンセサイト『月匣狂想曲』で新しいキャンペーン『Angel Dust / The Seven Sin』が始まりました。

 通常のセッションの前に各キャラのロールプレイを深め、その置かれている状況をより深く理解するためにグランドオープニングが行われました。

 私の使用キャラクターは、ある事件で瀕死の重傷を負い、ROAD(Race Of Angel Dust)(※キャンペーンのオリジナル設定)となることで一命を取り留めるものの全ての記憶を喪ってしまった。というキャラクターです。GMには、『何か喪失しろとはハンドアウトに書いたけど、そこまで喪えとは言ってない。』と、お褒めの言葉(ぇ)をいただきました。

 何回かに分けて行われたグランドオープニングですが、基本的にそのキャラのPLの出席が有れば、開催という形でしたので、他のPCについては、ほとんど見ることができませんでした。ちょっと残念です。ログがアップされるのが、今から楽しみであります。

 私のキャラのグランドオープニングは、
  1.死から再生まで
  2.自分をROADへと導いた存在との会話。現状の確認。
  3.学校への復帰。PC1との出会い。
 以上の3シーンで構成されており、この日はラストの3シーン目をやりました。

 ついに初めて他のPCと絡むことになった訳ですが、相手の方のPLにも助けられ、演じきれたと思うのですが、もしかしたら踏み込みすぎたんであろうか?(悩)
 あと、2シーン目のときとちょっとロールプレイが違い過ぎる! と、思われたんじゃないかなぁ、とも思ってます。一応、意図が有ってやってるんですが、ちゃんと本編で表現しきれるか、少し不安です。
 まあ、頑張っていこうと思います。

 さて、今回得た経験値は、どうしようかなぁ・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。